【徹底解説】ブレザーを買取りしてもらう前のチェックポイント

未分類

学生時代に着ていたブレザー。なんとなく捨てることに抵抗があって、クローゼットに眠っていませんか?体操服や部活のユニフォームと違い、ブレザーはヘタれることが少ないため捨てるのがもったいないと感じる人もいるはず。

そのような時に使いたいのが、ブレザーの買取業者での買取です。意外に思われるかもしれませんが、制服のブレザーを買い取ってくれる業者は存在します。安全に利用できる衣料品買取業者を選んで、臨時収入をゲットしましょう。

ブレザーを買取ってもらうならどこ?おすすめの5社を紹介

ブレザーや制服の買取を頼むなら、制服の買取をしている業者を選ぶのが高価買取にもつながります。後ほど詳しく解説しますが、個人情報をしっかり守り、情報漏洩などのリスクが少ない買取業者を選ぶことも重要です。

ここで紹介するおすすめの業者は以下の5つ。

  • ラミパス
  • りぼん
  • テケテケ
  • A-SPORTS(エースポーツ)
  • 制服屋さん

各ブレザー買取業者のまとめは以下を参考にしてください。

買取方式 査定にかかる料金 連絡手段 査定にかかる時間 振込にかかる時間
ラミパス 宅配買取 なし(ただし、キャンセル時の返送は金額にかかわらず着払い) メール 届いてから3日程度(繁忙期は5日かかることも) 土日祝日を除く2営業日以内
りぼん 宅配買取 なし(ただし、キャンセル時の返送は金額にかかわらず着払い) メール 記載なし(届いてから3日程度と考えられる) 記載なし(土日祝日を除く2営業日以内と考えられる)
テケテケ 宅配買取 なし(ただし、キャンセル時の返送料金は依頼者負担) メール 商品到着後、3日以内 最短当日、土日祝を挟む場合は銀行の翌営業日
AーSPORTS(エースポーツ) 宅配買取、店頭買取、出張買取 なし LINE、メール、電話 問い合わせ後、翌営業日まで 最短で商品が到着した当日
制服屋さん 宅配買取 なし(ただし、キャンセル時の返送料金は依頼者負担) LINE、メール 制服の到着日から翌日 記載なし(できるだけ早く)

順に見ていきましょう。

ラミパス

ラミパスは中学校・高校の制服をメインに取り扱う買取業者です。学生服をメインにしていますが、企業制服やダンス衣装なども積極的に買取。

2021年8月の実績は買取率96%と多くの利用者が満足して買取してもらっていることがうかがえます。

取り寄せた買取キットの段ボールか、自宅にある箱に衣装を詰めて着払いで返送するだけの宅配買取に対応。忙しい人も、自宅にいながら不要になったブレザーを買い取ってもらえるので便利です。

査定までにかかる時間は、商品がラミパスに届いてから3日程度。提示された査定額に納得できれば、土日祝日を除く2営業日以内に振り込みがあります。

りぼん

りぼんも学生服や体操服などを中心に買取をおこなっている買取業者。セーラー服以外にも、ゴスロリファッションや電動工具、アウトドア用品の買取など幅広いアイテムを取り扱っています。

りぼんも宅配買取に対応。買取キットまたはご自分で用意した箱に査定したいブレザーを詰め、着払いで送るだけ。査定や配送料はかからずに査定してもらえます。

名前などの刺繍があっても除去作業をしてもらえるので、個人情報も慎重に取り扱ってもらえます。

査定にかかる時間や振り込みまでの時間についての記載が公式サイトにはありません。しかし、ラミパスの姉妹サイトなので同じくらいのタイミングで連絡があるはずです。

テケテケ

テケテケは中学・高校制服をメインに取り扱う買取業者。部活ユニフォームや会社制服も買取対象です。宅配買取専門だからこそ、無駄なコストを徹底排除して利用者に還元してくれることが魅力。高額査定が期待できます。

WEBから査定依頼をすると買取キットが届くので、箱にブレザーを詰めて着払いで返送するだけで査定完了です。査定結果はメールで届き、査定額に納得できれば最短当日に振り込み。入金までのスピードが早いのもありがたいポイントです。

名前などの刺繍があっても除去作業をしてもらうことができます。ご自身で取らずにプロに任せましょう。

A-SPORTS(エースポーツ)

AーSPORTS(エースポーツ)は、スポーツ用品やキャンプ・アウトドア用品、自転車や学生服の買取をおこなっている買取業者です。連絡手段はLINE、メール、電話の3パターン。買取方法も、宅配買取、店頭買取、出張買取の3パターンから自分の使いやすい方法を選べます。

エースポーツのおすすめポイントは、商品を送る前に査定金額が確定することです。

商品の詳細や写真などをメールやLINEなどで先に連絡すると査定結果が届きます。この時点の査定結果が、実際に振り込まれる金額。商品を送ってから減額されることは、よほどのことがない限りないと明言されています。

ブレザーを送ってからあまりにも低い査定額を提示される、といったトラブルが起こりません。

制服屋さん

制服屋さんは制服の専門買取業者です。学校の制服だけでなく、企業制服や飲食店の制服、コンパニオンやキャンペーンガールなど多くの制服を買取しています。

無料キットを取り寄せるか、持っている紙袋やダンボールにブレザーを詰めて送るだけで査定。着払いでの発送なので利用者の金銭的負担はありません。ブレザーが到着した当日または翌日に査定が完了したら、メールで査定額が連絡されます。承諾すれば入金完了。

ただし、連絡が遅いことがあるという口コミが見られたので、気になる方は利用を避けたほうが無難でしょう。

こんなブレザーは買取できる?査定前のチェックポイント

いざブレザーを買い取ってもらおうと実際の制服を見てみたら、次のようなポイントで心配になりませんか?

  • 名前が刺繍されている
  • 新デザインに変更になってしまった
  • ブランドがわからない

これらの状態のブレザーでも買取することは可能です。安心して査定に出してみてくださいね。

名前が刺繍されている→買取OK!

制服のブレザーでは、内側に名前が刺繍されていることが多いでしょう。他の生徒との取り違えを防ぐためにも有効な対応です。しかし、買取してもらうとなると記名されていることで弾かれてしまうのではないかと不安になるでしょう。

結論から言えば、名前が刺繍されていても買い取ってもらうことは可能。多くの買取業者では刺繍を取る作業をする専門スタッフがいます。そのため、届いたブレザーを確認し、刺繍があれば取り除く作業をして対応してもらうことが可能です。個人情報をそのままにされることはありません。

自分で無理に刺繍を取ろうとしたり、油性マーカーなどで塗りつぶしたりせず、プロに対応してもらったほうが安心です。

合わせて確認したいブレザー買取業者のランキング記事です。ご参考までに。

ブレザーの買取業者おすすめランキング!中古制服を高く売ろう!

ブレザーの買取業者人気ランキング!高額買取のコツとは?

新デザインに変更になってしまった→買取OK!

学校の制服は開校何周年であったり、イベントごとがあったりするタイミングで制服をリニューアルすることがあります。着ていた制服から新デザインに変更になり、持っている制服が旧型になってしまうこともあるでしょう。

このような制服も買取は可能です。旧型であっても生地としての再利用方法や、撮影などでの小物としての使い方など、活用方法はあります。古いデザインだからと諦めず、査定してみましょう。

ブランドがわからない→学校名がわかれば買取OK!

ブレザーを買い取ってもらおうとすると、ブランド名を聞かれることがあります。しかし、学校の制服のブランド名はわからないことがほとんど。ブランド名はわからなくても、どの学校の制服なのかがわかれば買い取ってもらうことはできます。

ブランド名を聞かれたら「○○学校の制服です」というように、学校名を伝えれば問題ありません。

ブレザーと一緒に買い取ってもらえる小物類とは?

ブレザーと一緒に買い取ってもらうことで査定額アップを期待できる小物があります。同梱するのにおすすめの小物は以下の5つ。

  • 制服やベスト
  • 通学バッグ
  • リボンやネクタイ
  • 部活やサークルのユニフォーム

制服のブレザーと一緒に眠っていませんか?この機会に一緒に査定してもらいましょう。

制服やベスト

まず、ブレザーと一緒に送りたいのが制服やベストです。冬服のブレザーとは別に、冬服のスカートやズボン、夏服やベストなどの制服は残っていませんか?ブレザーと一緒に残している方も多いはず。

これらはブレザーと一緒に査定してもらうと買取額が高くなることが多いです。買取業者によっては、まとめて送ることで「いくらアップ」というキャンペーンをおこなっていることもあります。

通学バッグ

意外と忘れがちなのが通学バッグ。使い込まれているから値段がつかないだろうと思うかもしれませんが、使用済みでも買取してもらうことができます。学校指定のバッグでない場合には念のため問い合わせをしてみるといいかもしれませんね。

リボンやネクタイ

リボンやネクタイなどの制服小物も買取可能。ただし、リボンやネクタイ単品での買取はできないことが多いです。後から「送っておけばよかった……」と後悔しないようにブレザーと一緒に送っておきましょう。

部活やサークルのユニフォーム

制服とは少し違いますが、部活やサークルで使っていたユニフォームも買い取ってもらえることが多いです。名前の刺繍が入っていたとしても、ブレザーと同じように取り除く作業をしてもらうことができます。また、ユニフォームの状態が多少悪くても買い取ってもらえることがあるので、査定に出してみるといいですね。

ブレザーの買取情報まとめ

ブレザーは状態のいいまま卒業することが多いため、捨てるのに抵抗を感じる方もいるものです。そのような時にはブレザーの買取業者を利用して、買い取ってもらうのがおすすめ。売れないと思っているものでも、意外と査定額がつくことがあるので、まずは問い合わせからしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました