着なくなった制服は捨てる?適切な処分方法と捨てる以外の活用方法!

未分類

中学・高校の制服は、学生時代の思い出としてなかなか処分できないものですよね。

女性の場合は「制服が可愛くてその学校を選んだ」という方もいるのではないでしょうか。

しかし思い出の詰まった制服も、卒業してしまっては着る機会もなくなり、どう処分すれば良いのかも分からず“タンスの肥やし”になっている方も多いでしょう。

制服を処分するには通常のゴミに出すこともできますが、ネームプレートや校章の刺繍が付いていたりと処分する前に何かと準備が必要になります。

そういった事も含めて、制服を処分するには制服専門の買取業者がおすすめです。

こちらの記事では、そんな制服の処分の仕方や捨てる以外の活用方法についてご紹介します。

もう着なくてどう処分すれば良いか分からずお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

着なくなった制服は捨てていいの?

結論からお伝えすると、「着なくなった制服は、ゴミとして捨てることができます。」

制服も衣類なので、衣類のゴミとして出す事も可能です。

しかし、私服などの洋服と違うところは学校の校章がついていたり、名前の刺繍やネームプレートがついていることがあるのでそういった個人情報に繋がるようなものには注意が必要です。

またボタンやファスナーには金属が使われていたり、ゴミの分別も必要になります。

中には制服が欲しいという不審者がいるかもしれないので、そういった犯罪につながるようなことには十分気を付けましょう。

それでは制服の処分方法について詳しく解説していきます。

使わなくなった制服の適切な処分方法と注意点

制服を処分するには、注意点がいくつかあります。

気を付けないと近所でのトラブルや犯罪などが起こるかもしれないので、十分注意して処分しましょう。

制服の処分は古布類に分類される(資源ゴミ)

制服は古布類に分類されるため、資源として回収しているところもあります。

資源として回収できる制服は、再利用できるものに限られますので制服の状態を確認してから資源として出すようにしましょう。

またその地域によって異なる場合もありますので、事前に確認が必要になります。

再利用してくれる団体へ寄付する

再利用するには資源ゴミとして出すか、もしくは再利用してくれる団体へ寄付するという方法があります。

学校によっては、後輩のために寄付を募っている事もありますのでまずは母校に確認してみましょう。

その他にも、寄付を受け付けている団体がありますのでご紹介します。

寄付できる団体

  • 学校
  • 地域の教育委員会や社会福祉協議会など
  • 制服バンク(NPO法人が運営)
  • ボランティア団体(制服を受け付けていないところもあるので確認が必要)

教育委員会などは制服の寄付を行っているところもあり、制服だけでなく体操服や体育館シューズなどを集め、欲しい生徒に提供しています。

卒業してから何年か経ってからでも受け付けているところもあるので、各地域で問い合わせてみてください。

またNPO法人が行っている制服バンクや、ボランティア団体なども寄付を募っています。

再利用できない制服は可燃ゴミとしても出せる

制服も3年間着続けていれば、古くもなり劣化が起こるのも当たり前です。

そういった再利用できない制服は、可燃ゴミとして処分する事もできます。

または自治体のクリーンセンターに持ち込み、そのまま焼却炉で燃やすという方法もあります。

その場合は人目に触れる事もなく、個人情報が流出する心配もないので安心です。

クリーンセンターに持ち込む場合は、ゴミの重量などによって別途料金がかかる場合があるので事前に確認しましょう。

可燃ゴミとして出すには、ボタンやファスナーなど金属類・プラスチック類などの分類をしてから出すようにしましょう。

処分するときの注意点

制服を処分する時には、いくつか注意する点があります。

制服には個人を特定してしまうフルネームや校章などの刺繍があります。

学校名と名前が知られてしまうと、個人を特定される危険もあるため確実に分からないようにすることが重要です。

可燃ゴミとして出す場合は、名前や学校がわからないようにすること、そして制服ということがわからないようすることです。

制服として認識できてしまうと、ゴミを漁られ制服を盗まれてしまう可能性もあります。

制服は捨てる以外に活用できる?

制服は学生生活の思い出もあるし、安いものでもないので捨てるのがもったいなく感じますよね。

でもタンスの奥にしまい込んでいても邪魔になるだけだし、など制服の活用方法に困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時のために、制服を捨てる以外の活用方法をご紹介します。

売却して現金化する

制服を売っても大丈夫なの?本当に安全なの?と心配される方もいるでしょうが、制服の買取は法律上も問題なく、買取を行っているお店は多くあります。

処分方法にお困りでしたら、買取に出して現金化するという方法もあります。

元々制服は安いものではなく、使用する頻度も高いことから中古の制服はとても需要が高いのです。

しかし買取店は多くあるものの低価格での買取をされてしまったり、本来の正しい目的以外で使用されてしまったり、などということにもなりかねません。

制服を売る際には、店舗選びには十分注意しましょう。

後輩や親戚にゆずる

制服の活用方法として、兄弟や親戚で同じ学校に通っている人がいるのであれば譲るという方法があります。

特に中学生は成長期でもあるため、大きめに買ったはずがすぐに小さくなってしまい買い直しになるパターンもあります。

制服は高い買い物なので新たに買うよりは、兄弟・親戚に譲ることでお互いが助かりますね。

また卒業式に尊敬している先輩・仲の良い先輩のボタンやスカーフを貰うという人もいると思います。

中には「先輩の制服が欲しい」という後輩もいるでしょう。

そんな時には、制服をプレゼントするいうのも思い出づくりの一つとして良い活用方法ではないでしょうか。

思い出として残せるようにリメイクする

制服は着ないけど劣化がひどく譲る事もできない、でも捨てるのはもったいない、と思う方もいるでしょう。

しかし制服をそのまま保管しても、タンスの中にずっと眠った状態になってしいますよね。

そんな時は着物や帯などを使ってリメイクするように、制服をリメイクして思い出としてずっと手元に残しておく方法も良いのではないでしょうか。

裁縫が得意な方は自分でアレンジする事もできますが、思い出の制服をリメイクしてくれる専門業者もあります。

そのままのデザインで、テディベアなどに着せてあげて飾っておく事もできます。

また、リボンやネクタイを額などに入れて部屋に飾っておくのも良いですね。

男子学生の制服は卒業してからも活用できる

女子の制服と違い、男子の制服のズボン・ワイシャツは卒業後も使用することができます。

もちろん校章が付いているブレザーや学ランは使用することができませんが、ズボンやワイシャツは校章が付いていない学校もあります。

バイト先で黒ズボンと白シャツという指定があるならば、バイト先で使用する事もできますね。

制服は捨てずに制服専門買取店への売却がおすすめ

制服の処分方法をいくつかご紹介しましたが、一番のおすすめは「制服専門買取店」です。

前述でもお伝えしたように、制服の買取は違法ではなく、法律的にも可能です。

しかし売却した制服がきちんと再利用として販売されるのか、個人情報が流出しないのか、などの不安がある方もいるのではないでしょうか。

制服専門買取店なら、リサイクルショップと同様に各都道府県の公安委員会から古物商の許可を得て営業することが基本です。

なので身元が知られる心配もなく、安全な取引を行うことができます。

古物商とは中古品の売買を行うにあたり必要な証明証であり、きちんと許可を得ている店舗であればHPなどに「古物許可証番号」が記載されています。

また個人情報保護の面でも問題がないようにすること、盗品などの販売を防ぐことという目的があります。

中々捨てられない思い出の詰まった制服を、きちんとした方法で買取に出せば現金として手元にも残り、制服が必要な方に渡り新たに再利用されるので無駄にもなりません。

フリマサイトなどがおすすめでない理由

最近では、フリマサイトやオークションで個人間での取引を気軽に行うことができますよね。

しかし制服の場合は、メルカリやヤフオクなどのサイトで制服は「中古制服は出品禁止物」に指定されているため売ることはできません。

もし出品してしまうと、アカウントの削除やペナルティの対象になるため出品はしないようにしましょう。

制服の状態が良いものであっても、出品すること自体が禁止になっていますので注意が必要です。

せっかくのアカウントを、制服を出品したがために停止になるようなことになれば損をした気分になるでしょう。

そして万が一禁止でないにしても、顔の見えない相手との取引でどのような目的で制服を使用するのか、個人情報は大丈夫なのかなどの不安があります。

まとめ:ラミパスは制服買取も安心

今回は制服の処分方法についてご紹介しましたが、思い出の詰まった制服を処分するのはもったいない、中々捨てれなくて困っているという方は、制服専門買取店ラミパスに相談するのがおすすめです。

ラミパスなら制服買取率96%と実績も豊富で、もちろん公安委員会からの古物商許可証も得ていて安心・安全にご利用できます。

また中々買取店に持ち込めない・近くにお店がないという方でも安心の宅配買取を行っているため、自宅にいながら簡単に買取が可能。

ネーム入りや汚れなどの理由で買取を断られた制服、制服以外のもの(カバン・靴・スクール水着・体操服・部活ユニフォーム・校章バッチ・リボン・ネクタイ・靴下)もセットでの買取が可能になります。

大切な制服を納得の価格で、安心・安全に行っているようなので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました