学ランの通販販売ページ オークションよりお得な即決販売

学ラン

学ランとは?

学ランとは、男子学生の制服の定番です。詰襟の上着にスラックス、色は黒と紺が一般的でした。 最近はブレザーや私服を導入している高校が多いですが、現在も全国の6〜7割の中学校では学ランが愛用されています。
今回は学ランの歴史や、学ランの第二ボタンを渡すようになった歴史など、今まで知らなかった学ランのお話を紹介しますよ。

学ランの語源

学ランとは、蘭学(らんがく)をひっくり返したのが語源と言われています。 江戸時代の鎖国化の日本では、外国といえばオランダでした。オランダは日本語表記では「蘭」と書きます。 当時洋風の服装は全て、蘭服と呼ばれていたんです。
当時学ランを着用できたのは、帝国大学を始めとしたエリートのみでした。庶民は着物を着ていることも多く、ある意味憧れと嫉妬の対象だったのです。
そのため「蘭学を学んでいる人たち」への皮肉と憧れを込めて、蘭学をひっくり返して「学ラン」という言葉が生まれたそうです。

学ランの歴史

学ランとは、1886年に帝国大学(東京大学)が導入したのが始まりです。明治時代は、日本は西洋の文化を取り入れて、先進国の仲間入りをしようと必死になっていました。 この時代に、帝国大学を皮切りとして、日本にも西洋で軍服として着用されていた詰襟の学生服(学ラン)が導入されたのです。
まだまだ着物文化だった日本にとって、制服は非常に高価なものでした。つまり、庶民には手が届かず、学ランは選ばれた人しか着られなかったんです。
当時は学ランは憧れの対象、そしてエリートの証でした。

学ランの第二ボタンに込められた意味とは?

卒業式で学ランの第二ボタンを好きな女性に渡す、という風習がありますよね。この風習の由来と、ちょっと切ないエピソードをご紹介します。
当時制服は高級品で、また、学校に通って勉強をしている証でもありました。学生にとっては、学生服はとっても大事なものだったんです。 その第二ボタンを女性に渡し始めたのは、実は戦時中でした。
第二次世界大戦当時、戦況の悪化により、日本は学生も関係なく戦場へ送り込まざるを得なくなっていたのです。これを、学徒動員と言います。あるところに兄弟がいました。弟は兄の恋人を好きになってしまいましたが、結婚を控えている二人の邪魔をすまいと、気持ちは伝えずにいたそうです。しかし、赤紙がきて弟が出征することになりました。
その時に兄の奥さんに、自分の制服の第二ボタンを、思いを込めて渡したそうです。その後この兄弟と奥様がどうなったかは分かりませんが、死の覚悟を持って戦争へ行く学生の、切ない思いが込められています。
このエピソードが戦後に広まり、好きな女性に第二ボタンを渡す風習が生まれました。

学ランのトレンドの変化と流行りのデザイン

次は学ランのトレンドの変化と現在流行りのデザインについてお話ししていきます。 ブレザーに押されて衰退したとはいえ、今も中学では愛用されている学ラン。 トレンドの動きから、今えらぶべき学ランについて解説していきます。

学ランのトレンドの変化

学ランは当初は詰襟・学生帽が主流でしたが、戦後の1960年代頃から、徐々に変形学生服が取り入れられました。大学が私服化されたことで、中学・高校の学ランも「より個性を出したい」という動きが始まったからです。
まずはスラックスがストレート型ではなく、ラッパズボンと呼ばれる、裾が大きく広がったデザインのズボンが流行りました。また、裾をジャージのように絞り込んだ、マンボズボンも流行。
大学の応援団で、長ランと呼ばれる裾の長い学生服がはやったことで、当時のヤンキーが長ランを取り入れ始めました。
1980年代にはツッパリ文化最盛期。ビーバップハイスクールというドラマの影響もあり、丈の短い短ラン・シルエットのゆるいボンタンが大流行しました。また、学生服の前をあえて開けて着用するなど、個性的な変形学生服が流行りました。徐々に学生服廃止の動きやブレザーに押されて人気は衰退しましたが、いまだに中学校の7割は学ランを制服に指定しています。
昔ながらの黒や紺の地味な色ではなく、あわせ部分にラインを入れたものや、カラフルな学ランが生まれました。

学ランの選び方のポイント

学ランは成長期に着用する制服ですから、買い替えの回数を減らすために身丈を長めにするのが一般的です。中学生なら10センチ程度、高校生の場合は5〜10センチ程度余裕を持って購入しましょう。
また、学生時代は運動の機会も多いため、買い替えの際は中古を利用する人も増えています。リユースの学ランは質も良く、また学校指定の制服の取り揃えも多いため、愛用者が増えているんですよ。

まとめ

学ランの歴史や第二ボタンの由来、トレンドの変遷について紹介しました。学ランは学生時代の大事な思い出の1つであり、また現在も学生の誇りになる衣服です。 成長期のお子様に合わせて、身丈の余裕やメンテナンス性を考えた学ランを購入しましょう。
制服はいまだに高価ですから、リユースの学ランを購入するのもオススメです。質が良く、メンテナンスされているので、新品のように着用できるでしょう。

サービス利用の体験談

40代/女性
子供の中学入学に合わせて、リユースの学ランを購入しました。こちらのサイトで、学校指定の制服があって本当によかったです。一人っ子なのでお下がりもなく、周囲も似たり寄ったりの年代なので…。お値段は安いですが、質的にはほぼ新品の状態でした。今後も汚れていくでしょうし、買い替えが必要な時も安心して買える値段です。
30代/男性
高校に通っている息子のために学ランを購入しました。指定の制服はないのですが、学ランが流行っているそうで。新品を買うのは高いので、リユースを買えるこちらのサイトを、息子見つけてきました。お値段的にも安かったし、息子もデザインがすごく気に入っていたので買ってあげられてよかったです。しかし、最近の学ランはかなりおしゃれですね!中学時代と大違いで驚きました。
30代/女性
息子の学ランを探していて、隣の奥さんにこちらを教えてもらいました。学ランは意外と高いので、安く買えるのがありがたい!きちんとほつれの部分の写真も上がっていて、安心して購入できました。メンテナンスされていて、ニオイなども全くなし。信頼して購入できるので、次は娘の中学入学の時の制服もこちらで買おうかなと思っています。
40代/女性
いつも制服はこちらで購入しています。うちは子沢山なので、お値段が安くて本当に助かる。しかも、品揃えが非常に豊富で、うちの地方(田舎です)でも取り扱いが多いんです。値段が安くて、成長期の子供を持っている家庭の救世主だと思います。またぜひよろしくお願いします。
続きを読む

中古学ラン通販パレイドの紹介

中古制服通販パレイドは学ランなど豊富に取り揃える制服オークションよりお得に通販で学ランが購入できる通販サイトです。全国の中高セーラー服、ブレザー、ボレロ、ワンピースから付属品、強豪校女子部活ユニフォームまで豊富なラインナップ取揃え。旧制服、廃校制服も多数。CA、アルバイト、有名企業制服などジャンルも豊富。営業所留め対応可!毎日50点以上新着出品中!

パレイド おすすめ中古制服

最近チェックした中古制服