三重県の高校・中学制服の通販販売ページ オークションよりお得な即決販売

三重県の高校・中学制服

商品数208点

三重県の中学校の制服って?学生服の特徴や学生について

伊勢神宮を擁する三重県は、山と海に囲まれた自然豊かな土地です。三重県は近畿か東海かと議論になることも多いですよね。近畿の着こなしの特徴としてはスカート丈長めが多い。反対に東に近づいた東海はミニ丈が好まれるという傾向にあります。
果たして三重県は近畿か東海かどちらの特徴に近いのでしょうか。まず、三重県の中学生の制服の特徴と学生について紹介します。中学校の数は、国立1校、公立154校、私立10校です。その中で私服を採用している中学校は公立4校でほとんどの学校が制服制度を採用しています。
三重県の中学校の制服はセーラー服が過半数を占めます。特に三重県の南の地域はほぼ全ての中学校がセーラー服を採用しており、ネクタイの色でしか区別がつかないといわれるほどデザインが似通っています。
2020年までセーラー服を採用していた四日市中学校が制服のデザインを増やしたことが話題になりました。時代の変化に伴い、今までのセーラー服ににブレザーも選択できるようにしたというものです。
三重県内の中学校では以前もスラックスを希望する女子学生に個別対応をしていました。しかし、個別対応では保護者の費用負担が大きいことから、男女共通のスラックスを導入することにしました。
スラックス制度の導入は性の多様化に対応するものとされています。女子生徒に選択肢が増えるということは防犯面からも嬉しいことですね。
県内で制服がかわいいと有名なのは桜丘中学校です。桜丘中学校の制服をデザインしたのは同校の卒業生でパリでも活躍した永澤陽一さんによるものです。
黒を貴重としたジャケットにチェックの色柄違いのスカート、ネクタイとリボンとその日の気分に合わせてコーディネートできます。
スタイリッシュで引き締まったデザインから、県内の中学生に大人気のデザインです。
ここで、三重県の制服に関係したブラック校則を紹介します。三重県の中学校の校則は厳しい傾向にあります。
制服に関連したブラック校則といえば、指定着以外着用してはいけないという校則があります。指定着としての防寒着がない場合はどんなに寒い日も防寒できないのです。どうしても寒い日は学校指定の雨合羽を着用するように指導されています。
また、女子はどんなに寒い日もスカートの下にスパッツなどの防寒着を着てはいけないという校則もあります。真冬でも生足で過ごさなくてはいけない三重県の女子中学生はかわいそうですよね。
合理的理由のない古臭い校則は無くなって欲しいものです。
三重県の中学生に流行中のスカート丈はひざ丈より少し短めのスタイルです。靴下はくるぶしソックスかハイソックスをくしゅくしゅと短くするのが流行しています。
近畿圏でロング丈が流行していることと比較すると少し東に寄っていっているということがわかりましたね。

三重県の高校の制服って?学生服の特徴や学生について

三重県の高校は国立が2校、公立が58校、私立が19校あります。私服で通学することのできる学校は私立で1校、公立で1校です。私服制度を採用している高校は公立高校の4校のみです。ほとんどの高校が制服制度を採用しています。
三重県の高校ではセーラー服は少なめで、ほとんどの学校がブレザーを採用しています。ブレザーを採用している高校のなかでも、ジャケットに薄い茶色を採用している高校が他県よりも目立ちます。
制服人気ランキングで常に上位にランクインしているのは四日市南高校、高田高校です。四日市南高校の制服のデザインはブレザーを採用しています。ジャケットは黒に近い深緑でスカートは同系色のチェック柄です。胸元にはチェックの大きめのリボンがあしらわれています。ブレザーの中に着用しているカッターシャツは薄水色です。ジャケットを着ない夏もかわいらしい印象です。
高田高校の制服は夏服が特にかわいいと評判です。一見すると白いポロシャツに薄いグレーベースのチェック柄スカートにみえます。しかし、ポロシャツではなく、襟が丸くカットされたシャツなんです。襟のカットが女の子らしさを強調し、薄いグレーチェック柄のスカートととても相性がいいです。
三重県の女子高生には一般的には膝上より少し短めのスカート丈が流行しています。スカートに合わせるソックスは白か黒のハイソックスです。
三重県の高校ではスカートにプリーツが細かく入っており、チェック柄のデザインが入っている高校が数校あります。このデザインはかわいいと女子高生に人気です。プリーツにチェック柄というかわいいデザインの高校では三重県の流行とは違い、膝丈で着こなすという特徴があります。
三重県の高校に通っていた有名人の代表は西野カナさん、吉田沙保里さんです。
吉田沙保里は三重県立久居高等学校出身です。吉田沙保里さんが通学していたころからほんの少し制服のデザインは変更されています。現行のデザインは深い紺色のブレザーに格子柄のワイシャツ、チェックのスカートにロゴの入ったネクタイというスタイルです。着崩す生徒は少なく、真面目な生徒が多い高校といえます。
西野カナさんの出身高校は梅村学園三重高校(現三重高等学校)です。三重高等学校の制服は濃紺のブレザーのジャケットに控えめなエンブレムが刺繍されています。スカートはブレザーと同様の濃紺のプリーツスカートです。
とても清楚な雰囲気で西野カナさんはとても似合っていたでしょうね。

三重県の中学・高校の制服を売りたい方はこちら
【最新相場】三重県の中学校高校 制服買取、高く売るコツ

>
続きを読む

中古三重県の高校・中学制服通販パレイドの紹介

中古制服通販パレイドは三重県の高校・中学制服など豊富に取り揃える制服オークションよりお得に通販で三重県の高校・中学制服が購入できる通販サイトです。全国の中高セーラー服、ブレザー、ボレロ、ワンピースから付属品、強豪校女子部活ユニフォームまで豊富なラインナップ取揃え。旧制服、廃校制服も多数。CA、アルバイト、有名企業制服などジャンルも豊富。営業所留め対応可!毎日50点以上新着出品中!

パレイド おすすめ中古制服

最近チェックした中古制服