学生服は廃棄せずリユースへ|制服買取依頼時の注意点をご紹介

学生服は廃棄せずリユースへ|制服買取依頼時の注意点をご紹介

昨今、【SDGs】(持続可能な開発目標)や【エコ】という言葉が、わたしたちの生活に定着してきました。 元々日本人には、【モッタイナイ】文化があります。 『制服はもう着ないけど、捨てるに捨てられない!』という方も多くいるのでは? 特に制服は、5年も10年も着続けられるように、非常に丈夫に出来ています。 確かに、3年間で捨ててしまうのは、もったいないでしょう。 そこで、この記事では学生服をエコにリユースする方法を、ご紹介してきます。

リユース品の学生制服を買いたい人は多い

まず前提の話として、最近の、中古制服への需要の高まりをご紹介します。 『もう何年も着た中古の学生服なんて、欲しい人いるの?』と思う方がいるとすれば、その答えは勿論『YES!』です。 特に昨今は、制服にお金がかかることが増えており、『リユース制服で費用を抑えたい!』という方が増えています。 その理由を以下から一つずつ、ご紹介していきます。

全国で9割以上が依然学校指定制服を着用

1970年代頃に、「個人の表現の自由」として高校の私服化が普及しました。 しかし最近では、逆に私服だった高校が、指定制服に戻す高校も増えているのをご存知ですか? 全国で見ると、依然9割以上が学校指定制服を着用しており、更に制服に賛成する人も全国で9割以上いるのが今の実態です。 制服賛成派の意見に多かったのが、『私服に悩む必要がないから』『貧困格差を感じないから』というもの。 中でも貧困格差は、服によってスクールカーストを助長させたり、いじめを誘発する恐れもあります。 そのため、指定制服の方が学校・親・学生本人としても、安心だと感じる人が多いよう。 金銭的に余裕のないご家庭でも、リユース学生服だったら、安価に手に入られれたりするので助かりますよね。

制服価格が高騰している

制服の価格が年々上がっており、『新品での購入が金銭的に苦しい』というご家庭が増えています。 総務省統計局調査を基に公正取引委員会が公立中学の金額をまとめたところ、男子生徒制服は平成19年に2.8万円が平成28年には3.3万円へ、女子生徒制服は平成19年に2.7万円が平成28年には3.2万円へ上昇したことが分かりました。 高校に至っては、公立でも5~8万円/式程度かかり、私立は8〜15万円/式程度もかかります。 特に高校は、制服で学校人気が左右されることもあり、制服変更によって値段が上がった、という高校が多いよう。 高額な入学費用に悲鳴を上げており、リユース学生服で何とか出費を抑えたい、というご家庭が多くあります。

在学中のサイズチェンジ

在学中に、身長/体格が変わりすぎて、制服が着れなくなった、という学生がいます。 入学時にはそれを見越して制服は大き目に作るものですが、それを成長が飛び越えてしまうことも。 このようなサイズチェンジが必要になった学生は、新たに学生服を新調するのも勿体ないので、卒業までの僅かな期間であればリユース学生服で間に合わせることが殆どです。 学校保健統計調査 年次統計(2015年)によると、男子学生の身長は中学・高校共に卒業までに平均でも+15程度伸びるそう。 これはあくまで平均なので、それを大きく上回る学生も多くいます。 勿論、身長だけではなく、肩幅・胸囲・胴囲なども、大きく変わるでしょう。 そのため、予備の選択肢としても、リユース学生服の需要は高いといえます。

学生服のリユースには、どんな手段がある?

では実際リユース学生服を売買するには、どのような手段があるのか、ご紹介していきます。

地域のママさんコミュニティ内での譲り合い

一番多いのが、同じ学校内での譲り合いです。 学校に根差した取り組みで、PTAから卒業生の親御さんへ寄付の呼びかけがある学校もあるでしょう。 この特徴は、上述のとおり、殆どが【寄付】であること。 販売だったとしても、数百円程度であることが多いです。 そのため、売る側はほぼお金にはなりません。 購入者も、安価に手に入れられる大きなメリットはあるものの、クリーニングがかかっていなかったり、状態が悪いことも多々あります。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップであれば、お金になるのでは?と思う方もいるはず。 しかし、リサイクルショップはあまりオススメではありません。 まず、そもそも買い取ってくれるところが非常に少ないです。 なぜなら、制服専門店ならまだしも、リサイクルショップに制服を買い求めに来るお客が殆どおらず、売る力がないから。 また、制服にはおなじみの名入り刺繍やネームワッペンも、リサイクルショップは除去出来るところが多くありません。 もし買い取ってくれたとしても、金額になって数百円/着といったところ。 そして刺繍が付いたまま店頭に並ぶ、ということが考えられます。

制服買取店で売る

制服専門買取店は、制服に特化したリユース専門店。 『手放すならより高値で』とお望みの方に特におすすめです。 制服買取店が高額査定がつきやすい理由は以下のとおり。 ・制服のみに特化しており、購入者への太い販売ルートを持っている ・制服専門の査定員が査定。適正な価格を提示してくれやすい 制服買取専門店なら、補修やクリーニングも対応しているところが多く、制服を良い状態に戻し販売してくれます。

【参考】フリマアプリ・ネットオークションでは販売できない

『メルカリやヤフオクで売ればいいじゃん!』と思った方、フリマアプリ・ネットオークションだけは絶対にやめましょう。 なぜなら、どのサービスでも使用済学生服は青少年保護のため、出品禁止になっているからです。 以下は、メルカリ・ヤフオクの出品禁止リスト内からの引用です。
・メルカリ メルカリでは青少年保護・育成および衛生上の観点から、使用済みのスクール水着、体操着、学生服類などの出品を禁止します。
・ヤフオク 使用済みの商品のうち、以下に該当するもの (1) 体操服、スクール水着、学生服…
もし誤って出品すると、最悪アカウント停止になります。 最近本人確認の導入も進んでおり、個人情報がブラックリストに載ることも考えられます。 制服など出品禁止物は出品しないよう、注意しましょう。 参考:メルカリで中古制服は売れる?!安全に売る方法を徹底解説!

リユース学生制服買取店の店舗形態別の特徴

続いて、制服買取店にはどのようなところがあるのか?店舗形態別に以下からご紹介します。

実店舗型

店舗を構えて、持込買取や出張買取など、対面買取することが多いです。

メリット

  • 対面で査定員と話せる安心感がある
  • 地域に特化しているため、よりリユースしてもらいやすい
  • その場で買取してもらえる

デメリット

  • 持込買取の場合、持ち込む手間がかかる
  • 買取価格が安い傾向がある(店舗経費などもあるため)

代表的な買取店

無店舗型

店舗を持たず、非対面で全国から宅配買取を行っていることが多いです。

メリット

  • お店が近くになくても依頼できる
  • 箱に詰めて送るだけと、とっても簡単
  • 高価買取してもらいやすい

デメリット

  • 遠隔のため、入金まで時間がかかる(1週間程度)
  • 査定員がどんな人かや、どこに売られるかに不安がある

h4:代表的な買取店

店舗選びの際は、安心に取引できるよう、リユース目的のお店か、を注意して見るようにしましょう。 公安委員会の認可を得ていること、且つ男女・公立/私立共に取り扱っているお店がより安心です。

リユース学生制服買取で注意すべきコト

最後に、制服買取店に出す際に抑えておくと、高価買取に繋がりやすいポイントをここでご紹介します。

h3:一式まとめて売る

学校指定品は、全部まとめて一式査定に出すのが◎。 夏服・冬服・合服・バック・校章・コート・セーター等。 例えば、スカートだけない、リボンがない、となると査定に大きく響いてしまいます。

香水や強い匂いの柔軟剤はNG

見た目は勿論ですが、匂いもなるべくしない、清潔できれいな状態で出すのが良いです。 「クリーニングまでしなくて良い」というところが多いですが、キツい匂いがついている場合は脱臭しましょう。 例えば、香水や強い香りの柔軟剤等。 業者が脱臭処理をかける処理が出てしまい、その分査定から引かれてしまいます。

卒業してすぐ売る

卒業後名残惜しいですが、すぐ売る方が査定額は高くなります。 次の入学生が、こぞって購入する時期だからです。 時期的に買取強化しているお店が多いので、金額交渉もしやすいのでは?

まとめ

単純に卒業だけではなく、転校・サイズチェンジなどであまり着ずに終わってしまう制服もあるはず。 しかし、学生服は何年間も長く着用できるよう、丈夫に出来ています。 そのため、着用しなくなった制服は捨てずに、リユースに回しましょう。 中でも、買取専門店に売るのが高額査定に繋がりやすく、一番おすすめ。 バックや上履きはどうしても使い古し感が残りますが、制服は、買取店によるクリーニングや補修で、新品と遜色ない状態を取り戻すことが出来ますよ。
ブログに戻る