セーラー服の通販販売ページ オークションよりお得な即決販売

セーラー服

セーラー服とは?

日本におけるセーラー服といえば、女子生徒の制服の代表格ですよね。中学校では半数が、また高校でも2割以上がセーラ服を導入しています。
実はセーラー服は元々は軍服で、特徴的な襟などは機能が備わっているんです。
今回は、セーラー服の歴史や日本の制服としてのセーラー服のトレンドについてご紹介します。

セーラー服の歴史

セーラー服は元は、1857年にイギリス海軍でデザインされました。そして、各国の海軍もこの制服を真似して、世界的に普及した物です。
その後海軍幼年学校の制服として制定され、制服としてのセーラー服が誕生しました。日本でも1872年には、セーラー服を水兵の制服として採用しています。
当時の女王であるヴィクトリア女王がセーラー服を気に入り、子供たちにも同じデザインの服を着せたことから、子供服としても大流行しました。
さて、気になるセーラー服の特徴である大きな襟の由来については、2つの説があります。まずは風の強い甲板の上で、周囲の音声が聞き取りづらい時に、襟を立てて集音するためという説。
もう1つは、制服の汚れを襟で防ぐという説です。19世紀のイギリスでは、髪を伸ばしてポニーテールにし、ポマードで固めるヘアスタイルが流行っていました。しかし船旅が長いと入浴の機会が少なく、どうしてもポマードや脂、フケで制服が汚れます。軍人の誇りである制服を清潔に保つため、襟で覆って汚れないようにしていたそうです。
ちなみにセーラー服の胸元が大きく開いているのは、万が一落水した際に服を破り、泳ぎやすくして事故を減らすためだそうですよ。
どちらにせよ、セーラー服の特徴である襟(セーラーカラー)は、機能性を考えて作られているようですね。

セーラー服のトレンド

日本で初めてセーラー服が導入されたのは、1902年の平安女学院(京都)でした。当時のセーラー服はワンピース型で、ベルトで腰のあたりを締めて着用されていたそうです。
今の主流であるセパレート型は、1921年ごろに着用され始めました。
冬服は紺色、夏服は白のセーラー服に黒いスカートが一般的なデザインで、このデザインはトレンドに関わらず、今も使われています。
セーラー服といえば清純の女子高生の象徴、というイメージがありましたが、1980年代には不良のイメージがついてしまいました。
当時ツッパリ全盛期、スケバンブームの到来によるものです。セーラー服のスカートを地面につくほど長くした、改造制服が流行ったのです。
学校の崩壊や校内暴力などが問題視された背景もあり、一時的にセーラー服は不良が着用するものと認識されました。その後、1990年代にはコギャルブームが台頭し、ブレザー制服とミニスカートが流行。この頃から、セーラー服は一時的に衰退傾向に。
しかし、私立学校では可愛い制服で生徒を獲得するために、セーラー服をアレンジしたデザインも生まれました。例えば、襟とスカートをチェック柄にし、ブレザーのようなデザインを意識したセーラー服を取り入れている学校もあります。
また、ブレザーから「セーラー服の方が可愛い」と人気がぶり返し、あえてシンプルで清純なセーラー服を好む女子中学・高校生も増えてきました。
セーラー服のトレンドは大きく変化はしておらず、ベースの形を守り続けています。その中で襟の色を変える、スカートを柄物にするデザインが増えているのが現状です。

セーラー服の選び方

次に、セーラー服選びのポイントを3つ解説します。

  • サイズの選び方
  • 動きやすい素材
  • デザイン

思春期の学生さんには、デザイン性も欠かせない要素です。1つずつ説明していきます。

サイズの選び方

セーラー服を選ぶ際には、サイズ選びも重要です。女子生徒の場合は、デザイン性も考えてジャストサイズが選ばれることが多いでしょう。
その際に、あまりにピッタリしていると、腕を上げた際にお腹が見えてしまいます。着用した際に、拳がやや隠れるくらいのサイズが適切です。
また、成長を見越す場合は、女子生徒の場合は5〜10センチ程度余裕を見ますが、あまりに大きいと逆に動きづらいことがあるので注意しましょう。

動きやすい素材

素材についてですが、セーラー服は元々メンテナンス性が悪いとされていました。肌に触れている面積が大きく、また丸洗できない素材が多かったからです。
しかし最近はウールと化学繊維を融合させた素材が多く、家でも洗えるようになりました。メンテナンスも楽なので、家で洗える素材のものを選びましょう。

デザイン

最後に、女学生の方が重視するデザインについて。学校で指定がなく、セーラー服を着用したい場合は、襟やスカートの色柄で個性を出すのが一般的です。 また、リボンの色を変えてデザイン性を高めるのもトレンド。
襟が柄になっているもの、または水色などの爽やかな色を採用しているセーラー服もおすすめです。

まとめ

今回はセーラー服の概要や歴史、トレンドの変遷についてご紹介しました。セーラー服は昔から制服の定番で、ベースの形を守っている珍しい制服と言えるでしょう。
今はブレザー主流の学校が多いですが、清純な印象と可愛らしさから、人気も復活してきています。
セーラー服を選び時はサイズ・素材・デザインの3つを重視し、お子様の成長と好みに合ったものを購入しましょう。セーラー服は高価なものも多いので、頻繁に買い替えられないという方は、リユース制服を利用するのもオススメです。しっかりメンテナンスされていて、また指定学校の種類も豊富。周囲にお下がりをくれる姉妹や知り合いがいない方に愛用されています。お子様の成長に合わせての買い替えも容易になりますよ。
セーラー服は、学生らしく、また最近は可愛いデザインのものも豊富です。お子様とサイトを閲覧して、学生時代の良き思い出をセーラー服と共に作りましょう。

セーラー服の買取リサイクルショップ紹介

制服買取No.1ラミパス【公安委員会認可店】

制服買取業者おすすめ8選人気ランキング【2022年最新】

制服買取専門店テケテケ【公式】

制服買取リボン

サービス利用の体験談

30代/女性
子供が制服のない学校へ通うことになりましたが、「セーラー服が着たい」というのでこちらのサイトで買ってみました。中古と言うことでやや心配していましたが、綺麗な制服が届いて満足です。セーラー服の種類も多く、オリジナリティのある可愛いデザインが豊富で良かったです。
40代/女性
指定の制服の買い替えで、こちらのサイトを利用しています。子供が思いのほか背が伸びてしまい、すぐにつんつるてんになるので助かりました。指定制服の種類も多いし、リボンなどもしっかり揃っているので、こちらのサイトで必要なものは全て揃います。
30代/女性
子供におねだりされて、セーラー服を買いました。学校の指定じゃないんですけど、周りの友達と合わせたいらしくて。ママ友と相談し、こちらのリユースのサイトを見つけて共有してもらいました。制服の生地の表記も詳しいし、写真が見やすい。色合いの違いもないように、しっかり配慮して掲載されています。またお願いします。
10代/女性
デザイナーズのセーラーが欲し
くて、こちらのサイトで買いました!定価だと絶対無理だけど、中古だったので安かったです。学校で皆に褒められたし、リユースだともバレませんでした!ちゃんと手入れしてから売ってくれて、ありがとうございます。お母さんも「安いから、今度から体操服とかここで買おうね」って言っていました。
続きを読む

中古セーラー服通販パレイドの紹介

中古制服通販パレイドはセーラー服など豊富に取り揃える制服オークションよりお得に通販でセーラー服が購入できる通販サイトです。全国の中高セーラー服、ブレザー、ボレロ、ワンピースから付属品、強豪校女子部活ユニフォームまで豊富なラインナップ取揃え。旧制服、廃校制服も多数。CA、アルバイト、有名企業制服などジャンルも豊富。営業所留め対応可!毎日50点以上新着出品中!

パレイド おすすめ中古制服

最近チェックした中古制服

キャンペーンから探す