スクール水着の買取は業者選びが重要!買い取ってもらうべき理由とは

スクール水着の買取は業者選びが重要!買い取ってもらうべき理由とは

夏になると必ず必要になるスクール水着。成長期に着用するもののため、毎年のように買い換える人もいるのではないでしょうか。毎年新しいスクール水着を購入するのは家計的にも大変ですよね。また、家にはどんどん増えていく、着られなくなったきれいな状態のスクール水着。 そのようにスクール水着でお困りの場合は、スクール水着を買取に出してみませんか? 買取業者というと、骨董品や着物、宝飾品などの取り扱いを想像するかもしれません。しかし、実はスクール水着のような学校用品を中心に取り扱う買取業者もあるのです。 ここではスクール水着を買取に出すべき理由をはじめ、買取業者を選ぶ際の注意点、高く買い取ってもらうコツなどをお伝えします。

スクール水着を買取に出すべき3つの理由とは?

使わなくなったスクール水着はそのまま捨ててもいいアイテム。しかし、それでもスクール水着を買取に出すべき理由は次の3つのようなものがあります。
  • リユースされる
  • 生地の再利用でリサイクルになる
  • 使わないものがお金に変わる
順番に詳しく解説します。

リユースされる

スクール水着を買取に出すべき1つ目の理由は、買取後にリユースされるから。 スクール水着は成長期に着られることもあり、多くの人が買い替えをします。着られなくなった水着はそのままゴミとして処分されることがほとんど。そして、新しいサイズの水着を購入します。 でも1シーズンしか着用していないスクール水着の状態はとてもいいもの。ゴミにするのはもったいないほどキレイな状態であることが多いでしょう。 そこでスクール水着の買取業者に買い取ってもらうことでリユースされることが可能です。学校や習い事で使う人が安く手に入れられるように、中古のスクール水着をリユースに回しているのです。 キレイなスクール水着を買い取ってもらうことで、環境にも優しい動きができるのですね。

生地の再利用でリサイクルになる

スクール水着を買取に出すべき2つ目の理由は、生地の再利用でリサイクルできるから。 スクール水着はそのままの状態で次の人へリユースに回されることもありますが、状態があまりよくない場合には生地としてリサイクルされることもあります。スクール水着の生地はとても丈夫で、撥水性もある特別なもの。意外に思われるかもしれませんが需要があるのです。 最近ではマスクにリメイクされたり、子ども用の水着に作り直したり、バッグに変わったり。生地としての需要があるため、水着の状態に限らず買い取ってもらいやすいアイテムです。

使わないものがお金に変わる

スクール水着を買取に出すべき3つ目の理由は、使わないものがお金に変わるから。 使わなくなったスクール水着をゴミに出したら収入にはなりません。しかし、買取業者に買い取ってもらえたら多少のお金を得ることができます。査定額は買取業者によって異なりますが、捨ててしまったらゼロ円。臨時収入として買い取ってもらってみてはどうでしょうか。

スクール水着の買取業者を選ぶ際の注意点

スクール水着は肌の上に直接着用する衣服。そのため、買取を頼む買取業者は慎重に選ぶことが必要になります。着用していた水着が、どのような使い方をされるかわからないマニアの手に渡ったり、性的に利用されたりしてしまったら怖いですよね。 ここでご紹介する買取業者を選ぶ際の注意点は以下の3つです。
  • 古物商許可を持っている業者か
  • スクール用品を専門にしているか
  • 状態・形状問わず取り扱いがあるか
順に説明します。

古物商許可を持っている業者か

買取業者を選ぶ際の1つ目の注意点は、古物商許可を持っている業者かどうかの確認です。 スクール水着を買い取って他の用途で使ったり、売却したりするのは、古物の取り扱いになります。そのため、古物商法に従うことが必要です。この法律では、次の2点の実施が義務付けられています。
  • (1)ホームページに古物営業許可番号を必ず記載する
  • (2)サイトで取引する際は管轄の警察へURL情報の届け出をする
そのため、古物商の許可番号が公式サイトに掲載されていない場合や、各都道府県公安委員会のホームページにURLの表記がない場合には、その業者は違法買取業者といえるでしょう。安全に利用できる業者とは言えないので避けたほうが無難な業者です。 多くの場合、サイトのトップページに「○○県公安委員会 古物商許可証 第何号」というような記載があるはず。サイト上にこの記載がない時は怪しいなと思っていいでしょう。

スクール用品を専門にしているか

買取業者を選ぶ際の2つ目の注意点は、スクール用品を専門にしている業者かどうかです。 スクール水着は学校用品に含まれるアイテムです。しかし、業者によってはスクール用品を取り扱っていなかったり、スクール水着を通常の水着として査定したりする場合もあります。 スクール水着はスクール水着として扱ってもらえないと、査定額が極端に低くなる可能性が高いです。たとえば、普通の水着としてスクール水着を査定した場合、夏のビーチでスクール水着を着用する人は少ないため需要が低いと判断され、査定額がとても低くなるでしょう。 正しい査定額を出してもらうには正しい業者選びが重要です。スクール用品を取り扱っている買取業者を探してくださいね。

状態・形状問わず取り扱いがあるか

買取業者を選ぶ際の3つ目の注意点は、状態・形状問わず取り扱いがあるかどうかも大切です。 業者によってはワンピースタイプのスクール水着しか買取をしていなかったり、紺色のスクール水着のみの買取しか対応していなかったりすることもあります。しかし、学校指定のスクール水着は自分で形状や色を選ぶことはできませんよね。 ご自身の使っていたスクール水着の形状を買い取ってもらえるかどうか、しっかり確認しておきましょう。

スクール水着を高く買取してもらうコツ

ここまではスクール水着を買い取ってもらう業者の選び方をお伝えしてきました。選び方のコツを知ったところで、ここからはスクール水着を高く買取してもらうコツをご紹介します。高額買取のコツは次の3つです。
  • 使わなくなったらすぐに査定に出す
  • プール用品をまとめて査定してもらう
  • できるだけいい状態のまま売却する
どれも簡単なことなので忘れずにやっておきましょう。

使わなくなったらすぐに査定に出す

スクール水着を高く買い取ってもらう1つ目のコツは、使わなくなったらすぐに査定に出すことです。 多くの場合、スクール水着を使う夏前にサイズ感を確認し、着用ができるかどうかをチェックします。その時点で着られないと判断したら、新しいスクール水着を購入するでしょう。 スクール水着を買い取ってもらうなら、着られないとわかったタイミングがベスト。他の人も同じような時期に水着のサイズチェックをして、新しいものを購入するか検討します。需要があるので高額査定してもらえる可能性が高いのです。 また、「今年いっぱいは大丈夫そう」という場合には、着終わったプール納め直後がいいでしょう。翌年までしまっておくよりも、状態がいいうちに査定したほうが査定額アップが期待できます。

プール用品をまとめて査定してもらう

スクール水着を高く買い取ってもらう2つ目のコツは、プール用品をまとめて査定してもらうことです。 プール用品には、水泳帽やゴーグルなどのようなものがあります。水泳帽などの小物類は、単品では買い取ってもらえませんが、水着と一緒なら査定してもらえることが多いです。 あとから「一緒に買い取ってもらえばよかった……」と後悔しないためにも、スクール水着と同じタイミングで査定してもらいましょう。

できるだけいい状態のまま売却する

スクール水着を高く買い取ってもらう3つ目のコツは、できるだけいい状態のまま査定してもらうこと。 スクール水着はシワになりにくい素材のため、適当に梱包して発送したり、保管したりしてしまいがちですが、高額買取を希望するならできるだけ大切に扱うのがポイントです。 ぱっと見はキレイでもシワがついてしまったり、箱や収納ボックスのせいでキズがついたり、生地が傷んでしまうことがあります。発送前にはキレイでも、買取業者に届いた時点で状態がよくなければ高額査定は期待できません。 袋に入れたり、キレイに畳んだりして、できるだけキレイな状態で届けられるように工夫してみましょう。

まとめ

肌の上に直接着るスクール水着は、変な取り扱いをされないような買取業者を選ぶことが必要です。新品同様のスクール水着をゴミとして処分するのはもったいないので、次の人に使ってもらえたり、生地として再利用してもらえるような安全な買取業者に預けましょう。 ご紹介した買取業者の選び方や査定額アップのコツを使って、お得にスクール水着を手放してくださいね。 スクール水着の買取業者をまとめた記事は以下も参考にされてみてください。

スクール水着を高く売るならラミパス!

スクール水着買取業者おすすめランキング!高額買取のコツとは?

スクール水着の買取業者人気ランキング!高額買取のコツとは?

関連記事 【2021年最新版!】セーラー服のおすすめ専門買取業者5選 【徹底解説】ブレザーを買取りしてもらう前のチェックポイント ブルマ買取でおすすすめ業者ランキング8選!高額買取のコツも紹介
ブログに戻る